ビーバーチャレンジについて

情報オリンピック日本委員会ジュニア部会では, 数理情報科学教育の裾野を広げる目的から, 中高生及び小学生を対象とした国情報科学コンテストを日本で開催しております. このコンテストは, Bebras — International Challenge on Informatics and Computational Thinking という名称で欧州を中心に普及が進んでいるコンピュータ科学と Computational Thinking に関する児童・生徒向けのコンテストです. 2014年は,35カ国から92万人の児童・生徒が参加しました. Bebras は, リトアニア語で「ビーバー」のことで,ビーバーはリトアニアでは賢く勤勉な動物と思われているそうです.

このサイトについて

本サイトは, 終了したビーバコンテストにチャレンジできる環境提供の試みです(試行公開中です).

本サイトは, IE 11, Chrome, Firefox, あるいは Safari からご利用ください.

本サイト, および, ビーバーチャレンジに関するご質問やご相談は, 次のメールアドレスにご連絡ください: bebras-jp@googlegroups.com

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス Bebras - International Challenge on Informatics and Computational Thinking 作『ビーバーチャレンジの問題』はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスで提供されています.